【愛知県】:「先生と性行為」被害生徒の母、警察相談までの苦悩

愛知県教育委員会が懲戒を発表したものの被害者救済には程遠い

 この男は(K・Y)副担任・国語担当・剣道部。
まず、この女子生徒とお母さんに敬服を表したい。
中学校の担任が自校の生徒に手を出すという事はありえない。
その地域を加害者は踏みにじった事と同じであり、しかもしれが先生という事。 ありえない。

そして被害者が泣く。
加害者には相当の罪を課すべきだ。
いつ皆が被害者になるかわからない世の中。
日本の未来が壊れていく。


(記事 ネットフロイド株式会社)

投稿日:2017-11-15


カテゴリ:

なびシリーズ 関連業種

なびシリーズ関連業種:

警察関連機関弁護士-法律-裁判